ユニシステム株式会社

サービスソリューション背景

U-ProVisサービス

業務プロセスの見える化サービス
  • U-ProVisサービスとは
  • 最適なシステム構成案
  • U-ProVisサービスの推進
  • 業務プロセス間の連携を実現

環境変化が大きく・速く・頻繁に起こる現代において、企業は迅速にプロセスイノベーションを実行し、効率化や働き方のアップデートを繰り返し、予測されるリスクに対処していく必要があります。
その対処の為には以下のような課題に向け、短期的・簡易的に改善活動を実施することで、DXを推進します。

1
現場帳票の入力手間や入力ミス
2
業務やプロジェクトの進捗が分からない
3
データ集約の手間がかかりタイムリーに状況が把握できない
4
業務背景を考慮した改善案の検討
U-ProVisサービス

U-ProVisサービスは、以下を特徴とするサービスです。

1
ビジネススピードの向上現場業務を意識した改善によるビジネススピードの向上を実現する基盤を提供いたします
2
ツールの育成支援特殊なITリテラシーを持たない現場部門の方々でもツールを活用できるような育成のご支援をいたします
3
ツール活用を当社メンバーが伴走現場部門主導で改善チームが立ち上がるまでの間、課題解決を行うためにツール活用を当社メンバーが伴走いたします

個別にシステムが乱立しシステム間の連携が弱い状況が、ビジネスの推進を阻害している一つの要因です。迅速なビジネススピードに対応するためには、部分最適化を通じこれまで活用できていなかったデータを連携できる環境が必要となります。

U-ProVisサービス 最適なシステム構成案

現場で紙運用されている情報の蓄積(電子化)、部門毎に異なる業務の進め方の定義を統一(ワークフロー化)することにより、スムーズな情報連携が可能です。これにより潜んでいた業務課題を明らかにし、PDCAサイクルを基本とした継続的な業務改善活動の基盤の構築を実現します。

U-ProVisサービス 業務プロセスの見える化の推進

現場部門でも扱えるノーコードツールでありながら、各所に散在している業務データをつなぎ、製造業独自の複雑な業務を表現できます。現場でのツール活用を支援し製造業のビジネス強化を推進します。

U-ProVisサービス 業務プロセス間の連携を実現